KAIFU海部ブランディング

KAIFU海部ブランディング

地域交流の場から課題解決を

41hatsuneyu_tsuika

日和佐地区にある『初音湯(はつねゆ)』は明治時代に建てられた銭湯であり、一世紀以上を経た現在でも町民から親しまれている文化資産だ。
その名所が2014年にリノベーションされ、人びとが交流できるコミュニティスペースとして生まれ変わった。
この事業を手がけているのは、ITを活用して地域活性化をプロデュースする『株式会社あわえ』の山下さん。
住民にとっての交流・憩いの場として利用できるだけでなく、さまざまなイベントなども開催を予定している。
「これらを通じて地域の課題解決に向けた事業を検討し、探っていきたいと熱く語る。

hatsuneyu

リノベーション前の初音湯。